アディダスのシューズ「BUSENITZ PURE BOOST」の感想

広告
ビッグバナー広告

adidas Skateboardingのスニーカー「BUSENITZ PURE BOOST」について、
普段履きして約半年、スケートの時に一回履いたので、感想などを。

まず最初の印象は、「めっちゃ軽いです。。」
なんか不安になるほどの軽さ、というか、見た目の重厚さと一致してないというか。

あと見た目の印象でいうと、、

「ソールが分厚い」

「ソールのパターンが、スケートっぽくないっす」

「中敷きがない!」

ちゅう感じで、本当にスケートボード用かいな?といったところ。

で、履いてみた感想ですが、

普段履き

めっちゃ軽いっす。普通のスニーカーの半分くらいの感触。
それでいて、ソールが厚いおかげかクッション性が高くて、足に優しいのがよい!
ちょっとイマイチなのは、ソールが厚すぎて、たまーに足首がグキッといきそうなところ。

普段履きにはかなりイイです。

スケートボードの時

ソールの厚さやパターンから、スケートで使うのはちょっとどうかな?と思ってたんだが、
ブセニッツモデルなんで、ということで一回使ってみた。

結果、、スケートにはキツイっす。
ソールが厚すぎ+柔らかすぎで、デッキの感覚が全然掴めないデス。
ソールのパターンからして、デッキテープの摩擦で速攻やられそうだし。

クルージングにはいけるかな?と試してみたけど、やっぱりキツイ。カーブで重心移動してもソールが柔らかいせいでうまくデッキに伝わらない、というか。

結論

普段履きには最高。スケートボードで使うには無理目といったとこでしょうか。
ネットを徘徊してたら、海外のサイトに「スケート用というよりストリート用」とあって、
なるほど。。と思いました。

The Busenitz Pure BOOST is the first release within a celebratory 10-Year Shoe Pack

DCからもアフタースケートシューズ(MIDWAY)が出てるし、スケート終わったらリラックスなシューズに、ていうのを流行らせようとしてるのかな?
けど、わざわざ履き替えないよね!

広告
レクタングル(大)広告

レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする