スケボーの余ってるパーツから、ハンドスピナーを自作した

広告
ビッグバナー広告

スケートボードとあまり関係ない話で恐縮ですが、、

今週末は地元の祭りで、色々回ってきました。(で、今週末はスケートボードはなし)
その時目に付いたのは、男子小学生が持ってるハンドスピナー。
話にはよく聞いてたが、実際に持って遊んでるのを見るのは初めてでした。

ちょっと面白そうだけど、買うほどじゃないんで、
スケートボードの余ってるパーツで何とか作れんもんかのーと思って、ちょっとネットで調べてトライしてみた。

結果、、簡単に作れました!(所要時間:約5分)

材料:余ってる4個のベアリングと、7cmの結束バンド(100均で昔買った)だけ
工具:ニッパーだけ(多分ハサミでもOK)

手順

結束バンドを5本つなげる

つなげた結束バンドと、3個のベアリングを、結束バンドで固定する

つなげた結束バンドの端と端をつなげ、輪の形にする

真ん中にベアリングを入れ、ベアリング間を結束バンドで固定した後、全ての結束バンドを締める。

結束バンドの余った端を、ニッパー等で切ると、、ハンドスピナーの出来上がり~!

回した結果

こんな作りでいいんかいなと思いつつ、実際に回してみると結構いい感じです。
本物?は知らんから、比較は出来んけど。

とりあえず、余ったベアリングの活躍の場が出来てよかったっす。

広告
レクタングル(大)広告

レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする