ビデオの感想 – Made Chapter Two

広告
ビッグバナー広告

Brandon Westgate、EmericaからNew Balanceに移籍!ビックリです。

Zoo Yorkのデッキを好んで使ってるのは彼のファンだからというのもあるので、Zoo YorkからElementに移籍した時はかなり残念だったが、今回も結構衝撃ですね。
Emericaのイメージが強かったんで。

トップライダーが、軒並みスケートボード専業のメーカーから、一般(?)シューズメーカーに移籍するのが、時代の流れなのかもしれませんが、ちょっと残念です。

というわけで今更ではありますが、ElementのMade Chapter Twoの感想を。

  • 相変わらず硬派な作り。スケート以外のシーンはなしで、40分間最高です。
  • なんというか汗臭いビデオ。画面から汗の匂いがぷーんと漂ってきそう。ジーンズ率高し。
  • スケーターは細身のイメージがありますが、しょっぱなのJon DIcsonはゴツくて重戦車みたい。スケーティングに迫力ありますなー。
  • Westgateはちょっとだけ登場。相変わらずの高速スケーティングでカッコいい。もう少し見たかった。
  • このビデオ汗臭さNo.1は、トリのJustin Figeuroaに決定。暑苦しい風貌(失礼)やら、トリックのやばさ、スラム時の痛そう度など、今回一番目立ってたんではないでしょうか。

評価:★★★★★

広告
レクタングル(大)広告

レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする