FC2ブログから、レンタルサーバー(WordPress)への引っ越し手順

広告
ビッグバナー広告

スケートボードと全く関係なくて、恐縮ですが、、
今回ホームページを色々変えるにあたって、おおまかな手順を自分の備忘のためにまとめてみた。

  • 引っ越し元:FC2ブログPRO(有料プラン)。独自ドメインあり(FC2ドメイン)
  • 引っ越し先:レンタルサーバーのWordPress。ドメインもついでに移管した

レンタルサーバーの準備

レンタルサーバーを決め、契約する

  1. ネットの評判から判断して、XSERVERと契約した

ドメイン移管手続き

  1. FC2ドメインで解約手続きをする
  2. XSERVERで移管手続きをする ※移管が完了するまで、結構時間が掛かった(1週間くらい)

ドメインの追加設定

  1. レンタルサーバーで、ドメインの追加設定する
  2. 引っ越しが終わるまで、アクセス制限をかける

WordPressのインストール

  1. レンタルサーバーにWordPressをインストールする



WordPressの初期設定

テーマ(Simplicity2)のインストール

  1. WordPressにテーマ(Simplicity2)をインストールする ※親テーマ・子テーマとも

WordPressの設定(忘れずに!)

  1. ユーザのニックネームを変更し、ブログでの表示名をニックネームにする
  2. 引っ越し元に合わせて、「投稿 > カテゴリ」を追加する
  3. 「メディア設定 > 画像サイズ」を設定する ※画像をアップロードする前にやっておく
  4. 「メディア設定 > アップロードしたファイルを年月ベースのフォルダに整理 > オフ」 ※画像をアップロードする前にやっておく
  5. 「パーマリンク設定 > カスタム構造」を「/%postname%.html」に設定する

以下のプラグインの導入

  • BackWPup
  • Broken Link Checker
  • Contact Form 7
  • Google XML Sitemaps
  • Link Library
  • Movable Type・TypePad インポートツール
  • NextScripts: Social Networks Auto-Poster
  • Optimize Database after Deleting Revisions
  • SiteGuard WP Plugin
  • WordPress Ping Optimizer
  • WP Multibyte Patch
  • TinyMCE Advanced

WordPress、テーマ(Simplicity)を色々設定

データ移行作業

FC2ブログから、データのダウンロード

  1. 記事をダウンロードする
  2. 画像をダウンロードする

ダウンロードした画像データを、WordPressにアップロード

  1. 「メディア > 新規追加」で、画像データをドラッグ&ドロップする

ダウンロードした記事データの加工(テキストエディタ)

  1. 文字コードを変換する(→UTF8)
  2. ステータスを一旦下書き(draft)に変更する
  3. 記事データの内部リンクURLを、引っ越し先のものに変更する(画像データのURLがほとんど)

記事データを、WordPressにアップロード

  1. 「ツール > インポート」から「Movable Type と TypePad」を選択し、記事データをアップロードする

引っ越し先の確認作業

ホームページにアクセスして、ちゃんと表示されているか確認

  1. おかしな表示があった場合は、手作業で修正する

引っ越し先のブログのバックアップ

  1. 念のため、プラグイン「BackWPup」でバックアップする

公開する

レンタルサーバーのアクセス制限を解除

引っ越し元のブログを閲覧不可にする

  1. FC2ブログの設定で、公開設定をプライベートにする

以上でやっと終わり~。結構手間が掛かります。(丸2,3日くらいか)

広告
レクタングル(大)広告

レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする