ベアリングを完全に分解した→元に戻した

広告
ビッグバナー広告

度々のベアリングねたで恐縮ですが、、
ベアリングの洗浄・オイル差しをしても、回転がめっちゃ渋いのが1つあったんで、最悪壊れてもいいや、と思って分解してみた。

ベアリングのばらし方

第一関門が、リテーナーが外れないこと。昔チャレンジしたときは大事なベアリング(?)だったんで途中で諦めたが、今回はどうでもいいやつなんで思い切ってやる。先のとがったドライバーみたいなやつで、ボールが入ってる側から、結構力を入れて押すとあっさり外れました。

中のボールを片方に寄せる。これは簡単。

外輪と、内輪を逆方向にひねるようにすると、バラバラになりましたー。

バラバラのベアリングの戻し方

次、部品の汚れを取って、回転が復活するか確認するため、ベアリングをもとに戻す。
んだが、これが難しい。。ネットで調べて四苦八苦しつつやっと戻りました。

※このページを参考にさせて頂きました。
http://blog.livedoor.jp/qero/archives/68005526.html

まず最初に片側のシールドを着ける。これでボールが落ちないようにする。

外輪の中に内輪をセットし、7つあるボールの内、6個のボールを外輪と内輪の間に入れる(元に戻す)。6個まではきれいに入るはず。

最後の1つのボールを、外輪と内輪の中にセットする。この段階では浮いた感じでちゃんと入らない。

内輪を中指と親指で押さえ、最後のボールを入れ込みながら、外輪をぐりぐり回す→頑張ってやってるとボールが全部きれいに入りましたー。内輪をもって、シャーと回ればOK。

あとは、ボールを均等にし、リテーナーをつければ完成!

ベアリング分解→元に戻した結論は、回転が渋いままで全然復活しなかった。。(何でだろう?)
ハッキリ言ってやる意味なかったっす。

広告
レクタングル(大)広告

レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする