スケートボードが上手くなる100の方法(後編)

広告
ビッグバナー広告

前回「スケートボードが上手くなる100の方法(前編)」の続き。

スケートボードが上手くなる方法の100個の内、残りの50の方法です!(中々思いつかずにちょっと苦戦しました。)

51~60

  • 準備運動をちゃんとする
  • 滑り終わったら、整理体操をちゃんとする
  • 色んなスケートショップに行く
  • 周りにスケートボードを勧める
  • 同じ年くらいの仲間を作る
  • セクションが積める車を買う
  • 何でもスケートボードに使えないか考える
  • 眼鏡からコンタクトに替える
  • よく寝る
  • SNSで知り合いを増やす

61~70

  • コーンを買う
  • メットを使う
  • いつも足首を回す
  • ブログを書く
  • 一年の目標を立てる
  • 一か月の目標を立てる
  • 一週間の目標を立てる
  • その日やることを前もって考える
  • 反省する
  • 街中の壁を見たら、ウォールライドのイメトレをする

71~80

  • 周りにアドバイスを聞きまくる
  • やる前にレッドブルかモンスターエナジーを飲む
  • 痩せる
  • ボウズにする
  • 師匠をつくる
  • 弟子をつくる
  • 仲間の写真を撮る
  • 仲間の動画を撮る
  • 仲間に写真を撮ってもらう
  • 仲間に動画を撮ってもらう

81~90

  • 毎日ちょっとでもスケートに乗る
  • トリックの原理をよく考える
  • 定番の道具を使う
  • スケートする時は、スケート用のパンツ(デニム)を履く
  • パークで色んな人に話し掛ける
  • スケーターの恋人と結婚する
  • 子供にスケートさせる
  • 早寝早起きする
  • スケートのメリットを周りにアピールする
  • 役所にパーク設営の活動をする

91~100

  • 自分の動画をひたすら見る
  • 滑る時、適度な休憩を取る
  • 仲間と競争する
  • 道具のメンテナンスをする
  • 自分の動画を編集して、人に見てもらう
  • 仲間も含めた動画を作って、作品にする
  • スイッチの練習をする
  • 周りの滑りをよくチェックする
  • トラックの硬さをこまめに調整する
  • コンテストに出る
広告
レクタングル(大)広告

レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする