スポンサーリンク

スケシューPUIG Indoorの感想

しばらくずっとAdidasのPUIGを履いていたが

AdidasのスケシューPUIGの靴紐を交換したら最高になった件
今スケボーする時の靴はAdidasのPUIGを使っている。 前に記事に書いた通り トリックしやすいだけでなくて、見た目カッコいいし、軽くて履き心地がよくて最高なんだけど(クッション性は普通かな?)、靴紐がほどけ易いのが唯一イマイチな点。 丸...

最後の一足アッパーに穴が開いたんで、別のモデルに交換。今回は後継のPUIG indoorにしました。ちょっと前にオンラインショップで安売りしていて大量買いしたんだけど、どうかな?

前のPUIGはカップソールだったけど、こちらはバルカナイズドソールですね、多分。サイズ感は前のPUIGと同じくジャストでOK。

まず普段履きの感想ですが、全体的に薄っぺらくて何か頼りない感じ。軽すぎるからかな。
あと、前のPUIGと違って後ろの部分が高くなってないので(前のは富士山型になっている)、歩いているとすぐ脱げそう&かかとが浮くのが微妙っすねー。

肝心のスケートの時は、ペラいのが功を奏してなのか軽くてデッキの感覚がつかみやすくて意外によい!
あとバルクのシューズはこれまでトリックに苦戦するケースが多かったんでちょっと不安だったが、靴先の形が前のPUIGとあまり変わらんからか、問題なさそうです。
クッション性も華奢な割にはあんまり変わらん気がする。あとは耐久性ですねー。

というわけで、普段履きは微妙だけど、スケートする分には特に問題なし!です。(多分)
が、前のPUIGと比べたら紐のほどけにくさ以外特にメリット感じないんで、よほど安くなければ(それか見た目がこちらが好きでなければ)あえてこちらを選ぶ意味ないかなー、個人的には。

タイトルとURLをコピーしました